« No.1401 ブラリ!散歩(奈良県葛城市)ー5 | トップページ | No.1403 カメラ散歩(奈良県葛城市)ー2 »

2017年2月20日 (月)

No.1402 カメラ散歩!(奈良県葛城市)ー1

Img_1805170203t_7_1


Img_1809170203et_8_1


Img_1897170203_25_1


Img_1899170203t_26_1


Img_1904170203_27_1

    ロウバイはもう咲いてるだろうと思い、またいつもの散歩道をブラリ。   (2017.02.03撮影)


« No.1401 ブラリ!散歩(奈良県葛城市)ー5 | トップページ | No.1403 カメラ散歩(奈良県葛城市)ー2 »

コメント

平戸皆空さん
近鉄電車の駅名も「ニジョウザン」になってます。私は18年前に兵庫県からここに越して来たので、古い事はわかりません。二上山も大津皇子もここに住んで初めて知りました。大津皇子のお墓も、二上山雄岳の頂上に囲いされ宮内庁管轄の札が建ってますが、下の二上山登山口にもお墓がありこちらは盗掘されポッカリ穴が開いてますが、そこが大津皇子の本当の墓だとも言われてます。他にも別の場所が〇〇天皇の墓だと言われてる所が沢山ありますね。宮内庁は自分らが詳しく調べずに天皇の墓を決めたのがバレルのがいやで、調査を拒んでます。天皇が神の時代ではない今は日本の正しい歴史を調べるために詳しく調査すべきだと思います。〇〇天皇陵が〇〇天皇陵でなくなれば大騒動になるでしょうが、それはそれで正しい日本歴史になるのだからいいと思うのですが。それとも今迄通りあやふやなままにしとくのがいいのでしょうか。

二上山を望む蝋梅の花は精妙ですね。
二上山は昔は「ふたかみやま」と呼んでいたのをいつから「にじょうざん」と呼ぶよう
になったんでしょうかね。また大津皇子の悲劇に関しては謀反~謀殺まで諸説が
あるようで、まだ政情不安定だった7世紀の世がしのばれます。
私は「二上」という二文字からすぐ将棋の二上達也を連想してしまいます。羽生善治
の師として有名ですが‥‥いや、関係ない話ですねcoldsweats01sweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592617/64904978

この記事へのトラックバック一覧です: No.1402 カメラ散歩!(奈良県葛城市)ー1:

« No.1401 ブラリ!散歩(奈良県葛城市)ー5 | トップページ | No.1403 カメラ散歩(奈良県葛城市)ー2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ