« No.1437 近つ飛鳥風土記の丘(大阪府南河内郡河南町)-2 | トップページ | No.1439 近つ飛鳥風土記の丘(大阪府南河内郡河南町)-4 »

2017年3月28日 (火)

No.1438 近つ飛鳥風土記の丘(大阪府南河内郡河南町)-3

Img_2850170308t_15_1


Img_2851170308t_16_1


Img_2855170308_17_1


Img_286310308t_21_1


Img_2833170308t_9_1

「近つ飛鳥風土記の丘」です。この辺りは6世紀中ごろから渡来人が多く住んでたそうです。 (2017.03.08撮影)


« No.1437 近つ飛鳥風土記の丘(大阪府南河内郡河南町)-2 | トップページ | No.1439 近つ飛鳥風土記の丘(大阪府南河内郡河南町)-4 »

コメント

平戸皆空さん
そうですね、日本文化に大いに貢献してくれたと思います。奈良はシルクロードの終着地とも言われるように奈良時代には大陸から高価な品々も入ってきました。毎年開かれる「正倉院展」で、素晴らしい品々をみることができます。日本人の勤勉さに大いに刺激を与えてくれたと思います。
コメントいただき有難うございました。

今晩は。渡来人の存在は日本の歴史に深くかかわっていますね。大和朝廷の時代に渡来人達は朝廷に大変重用されました。高い知識と技術を持つ彼らを朝廷は何かにつけ頼りにしたのです。私が最も興味を抱くのは、もともと文字がなく音声だけの日本語に彼らが持ち込んだ漢字が混交し、日本語の文字化が始められたことです。その時漢字があまりにも複雑なので大幅に簡略した字を作り、仮名文字も作りました。これにより一挙に日本語の文字化が進み日本文化が進展したのは間違いないからです。今に続く日本人の得意な“技術改良”のルーツがここにあると言えそうです。‥‥長いコメントになり失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592617/65065588

この記事へのトラックバック一覧です: No.1438 近つ飛鳥風土記の丘(大阪府南河内郡河南町)-3:

« No.1437 近つ飛鳥風土記の丘(大阪府南河内郡河南町)-2 | トップページ | No.1439 近つ飛鳥風土記の丘(大阪府南河内郡河南町)-4 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ